デリケートゾーン簡単で美しく保つ基本のお手入れのまとめ

デリケートゾーン
この記事は約4分で読めます。

私がまだ若いころは、デリケートゾーンのことなど口に出すのも恥ずかしいというような感覚で、悩みがあっても誰にも相談できずにいました。

デリケートゾーンのトラブルなどを何度も経験しながら、日ごろのお手入れがトラブルを少なくするということに気が付きました。

今や、若い女性の身だしなみの一つとして、デリケートゾーンのお手入れはもはや基本の一つといっても過言ではないでしょう。

 

今日はデリケートゾーンの基本のお手入れについてお話しします。

 

スポンサーリンク

デリケートゾーンのお手入れとは?

  • アンダーヘアの処理
  • 黒ずみへの対処
  • 臭い対策

など様々な要素があります。

それぞれのお手入れ方法についてお話ししていきます。

アンダーヘアの処理

最近では脱毛によりアンダーヘアを処理をする人の数も増えてきています。

また、海外ではアンダーヘアは処理すのが当たり前ととらえている国もあれば日本のように処理しない国もあります。

ですから、全くツルツルが当然の国、薄くするのが当たり前の国、処理しないのが当たり前の国というよう千差万別です。

アメリカではアンダーヘアは不潔ととらえられているようで、男性も処理する人が多いのが実情です。

中東のイスラム教徒ではアンダーヘアを剃ることが戒律により義務付けられています。ワキも処理するように決められているそうです。

 

日本ではそんな決まりごとはありませんので、それぞれが自分の好みで処理をしています。

好みの問題ですから何とも言えないのですが、男性によっては全くないのも抵抗があるし、かといって全く何もしないままの状態もどうかという人もいますので難しい部分ではあります。

彼氏の好みに合わせているという女性も増えてきていますし、どこまで処理をするかは個人差ということになるでしょう。

 

 

 

また、デリケートゾーンも脱毛する人が増えてきています。デリケートゾーン専門のサロンもありますので、おすすめです。

 

ハイジニーナ脱毛のプリート

 

黒ずみへの対処

 

毛を剃る場合は、どの場所でもそうですが同じ場所に対して繰り返し刃を当てることになります。

脱毛する場合でも、同じ場所に対して刺激を与え続けることになります。そのため、知らず知らずの間にダメージが蓄積されていきます。

人の体は、このダメージに対する抗体反応として、メラニンを分泌します。このメラニンが色素成分であり、シミや肌の黒ずみといったことの原因となります。

つまり、デリケートゾーンの毛をカミソリで処理し続けた場合や、ワックス脱毛処理などをを同じ場所に続けた場合、その部分が黒ずむことがあります。

このメラニン色素は、肌のターンオーバーが正常であれば、沈着する前に肌が生まれ変わるため黒ずみとなることもありません。しかし、加齢やストレス、乾燥などが原因でこのターンオーバー能力は低下していきます。

そのため、この黒ずみに対処する方法としては、その部分の肌に直接働きかける美白クリームなどを使用する、もしくはターンオーバーを活性化させるために体質改善を行うなどの方法があります。

ターンオーバーを活性化させるためには、バランスのとれた食事と軽い運動が大切です。

これらはデリケートゾーンだけでなく、肌を健やかに保つための必須条件です。

 

どちらも、改善には時間がかかるということを知った上で、日頃からそのようなダメージの蓄積がないかチェックしておくと良いでしょう。

 

薬用イビサクリーム

 

臭い対策

臭い対策も身だしなみの一つとして重要な要素になります。

特に、デリケートゾーンの多くには汗腺などのニオイの原因物質となる汗や脂が分泌されることが多く、雑菌なども溜まりやすくなります。

陰部においては、それに加え尿やオリモノなどその他のニオイの原因物質も存在する上に、構造も複雑なためしっかり洗わなければ汚れが残る原因になり、それがニオイの原因に繋がります。

そのため、日頃から清潔にすることを心がける必要があります。

清潔にしようと洗浄力の強い石鹸などを選ぶと、デリケートゾーンに必要な潤い成分まで洗い流してしいます。

すると肌が乾燥してしまい、かゆみや黒ずみの原因となります。

洗浄料の選び方に注意しましょう。

 

デリケートゾーンで使っていけない石けんは? | デリケートゾーンの黒ずみやにおいなどの悩み解決サイト
女性は体調が悪い時などはデリケートゾーンが敏感になります。いつも使っている石けんを使っても、しみたりピリピリ感じることがあります。 デリケートゾーンは粘膜ですので、敏感になっているときだけでなく日常でも使用する石けんに気を付けましょう。使ってはいけない石けんについてお話しします。

 

また、洗いすぎにも注意が必要です。必要な過度な刺激によるメラニンの分泌が促進されることは避けなければなりません。

 

まとめ

デリケートゾーンを簡単に、美しく保つためにお手入れとして心がけるポイントは、

アンダーヘアーの処理・黒ずみ対策・臭い対策の3つがポイントです。

デリケートゾーンの保湿を保つ、日頃から清潔に注意する、過度な刺激を避けるといったことを基本にケアすると良好な状態に保たれるでしょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。