デリケートゾーンの石けん 敏感肌でも使えるのものは?

デリケートゾーン
この記事は約5分で読めます。

私たちは洗顔するときには、自分の肌質や悩み別の洗顔料を選んでいます。

ところがデリケートゾーンに関してはどうでしょうか?

家族が使っている浴用石鹸をそのままつかったり、洗浄成分が強いボディソープを使っていたりしませんか?

体調がいい時は刺激を感じることもありませんが、疲れがたまっているときや生理中などは浴用石鹸やボディソープで刺激を感じたことがありませんか?

特にもともと肌が敏感な方は余計に刺激を感じることがあると思います。

デリケートゾーンには、どのような石鹸を使うといいのか悩んでいる女性もたくさんいらっしゃることと思います。

時期によっては汗や蒸れ、臭いなどが気になってしまうこともあります。また、できものができている場合などは、いつも使っている石けんでしみたりすることがあります。

今日は、敏感肌の方でも安心して使えるデリケートゾーンの石鹸や敏感肌用せっけんについてお話しします。

 

スポンサーリンク

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶポイント

デリケートゾーンは洗いすぎると良くないという話を聞いたことのある人も多いかもしれません。

汗や蒸れが気になる部分ですし、特に丁寧に洗いたいという人も多いでしょう。

しかし、それによってさらに臭いが悪化してしまうことがあるのです。

体の臭いはどのような細菌が皮膚に存在しているかによって異なってきます。細菌と聞くと悪いものだというイメージがあるかもしれません。しかし、細菌の中には良いものも存在していると知っておきましょう。

皮膚にとっての良い細菌は表皮ブドウ球菌という菌であり、皮膚を弱酸性に保つ働きがあります。しかし、黄色ブドウ球菌や真菌などは臭いの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。

また、皮膚をアルカリ性の石鹸で擦って洗ってしまうのは良くありません。

皮膚にとって良い働きをしてくれる表皮ブドウ球菌まで殺菌してしまいますし、悪い菌が繁殖しやすくなって臭いが起こってしまうのです。そこで体にとって良い菌を保護しながら悪い菌だけを洗い流すことが大切です。

デリケートゾーン用の石鹸を選ぶ場合は、刺激が少ないことはもちろん、良い殺菌を殺さない石けんや洗浄料を選ぶことががポイントです。

  1. 肌に優しい天然成分が配合されたデリケートゾーン石鹸を選ぶと良いでしょう。
  2. 敏感な部分に使うことになるため、泡立ちの良いものを選ぶのもおすすめです。

アトピー性皮膚炎など肌がデリケートな人がケアをする場合、敏感肌用せっけんを利用するのも良いでしょう。

石鹸などの刺激にも敏感に反応してしまうことがあるため、しっかり泡立ててから使うことがポイントです。

 

それでも刺激を感じる場合、石鹸は使わずにぬるま湯で洗っても良いでしょう。ボディソープやシャンプーの成分がついてしまった場合や十分に洗い流せていない場合、すすぎが足りなかった場合なども刺激の原因になってしまうことがあります。

 

人気のデリケートゾーン石けん

薬用イビサソープ

薬用イビサソープは、口コミNo.1ワックス脱毛サロンIBIZA WAX(都内5店舗※2016年10月現在)が開発しております。
デリケートゾーンで悩んでいる女子の声をサロンスタッフが聞いて、それを商品づくりに活かしているので、商品ありきではなく、悩みありきで生まれた薬用イビサソープです。

テストにテストを重ね商品化したものを店舗で販売したところ95%以上の女性が満足し、圧倒的な満足度を得ることができる商品となりました。

ジャムウ成分の他に薬用成分を配合。

医薬部外品として厚生労働省に認可

 

薬用イビサソープ

 

恋する通販 ジャムウソープ

 

  • 1個たっぷり100g。毎日使ってもしっかり1か月使えます
  • きめ細かな濃密泡で優しくしっかり洗浄♪洗い上がりスッキリ!
  • お肌に優しいから全身どこでも洗える!
  • オスモフェリン配合

気になる部分に泡パックもできます。

もちろん洗顔もできます!!

コラージュフルフル泡石鹸

ニオイや不快感の原因の一つは菌の増殖です。汗と共に皮脂が分泌され、雑菌が繁殖しやすい状態が不快なニオイを発生させる原因となっています。

それらを抑えるためには、菌の増殖を抑える石鹸が必要です。

菌の増殖を抑える石鹸を持田製薬グループの持田ヘルスケアが開発しました。

抗カビ成分のミコナゾール硝酸塩と、殺菌成分のトリクロサンが、カビと細菌をダブルで抗菌。ダブルの作用で気になるデリケートゾーンをスッキリ洗浄します。

また、ワンプッシュですぐにクリーミーな泡が使える、泡タイプの石鹸です。泡立てる必要がないので、簡単に気になる部分のケアができます。

もちろん、デリケートゾーンだけでなく、全身にもご使用いただけますので、コラージュフルフル泡石鹸だけでOK!

いま 購入いただいた方には、「コラージBK(化粧水、乳液、保湿クリーム)」をプレゼント中です。

コラージュフルフル泡石鹸

 

コラージュフルフル泡石鹸 独身女性向け

 

黒ずみを薄くするには?

デリケートゾーンで使う石けんを間違うと刺激を感じることがあります。このような刺激などでもデリケートゾーンは黒ずんでいきます。また、下着との摩擦も黒ずむ原因となります。

デリケートゾーンが黒ずんでいる場合、角質を落とす効果の高いピーリング石鹸や美白化粧水、クリームなどでケアすると良いでしょう。

しかし、このようなお手入れができるのは皮膚の部分のみであり、粘膜部分に成分がつかないようにすることが大切です。

また、デリケートゾーンは皮膚部分と粘膜部分によってできており、形状も複雑なのであまり洗いすぎるとかえって傷つけてしまうことがあります。

洗いすぎによって肌に必要な常在菌まで流してしまうことがありまし、刺激の少ないデリケートゾーン石鹼を使うことがポイントです。

また、泡立ちにくい石鹸だと洗浄成分が直接デリケートゾーンに触れてしまうので良くありません。ネットなどを使って泡立てることが大切です。

 

まとめ

デリケートゾーンの石鹸の選び方はとても大切です。

今日紹介した石鹸やソープはどれも刺激が少なくとっても使いやすいのが特徴です。

また、洗顔としても使用できるのでひとつそろえておくといいですね。

薬用イビサソープ

ジャムウソープ

コラージュフルフル泡石鹸

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。