デリケートゾーンのかゆみにベビーパウダーが効くって本当?

デリケートゾーン
この記事は約3分で読めます。

夏だけでなく、あまり汗をかかない冬でもデリケートゾーンはかゆくなります。

デリケートゾーンは場所が場所なだけに、簡単に手でかいてかゆみを止めることができません。やっぱり人目が気になりますよね。

とても複雑な構造のために、尿や垢がなどが残りやすく、これらもかゆみの原因になっています。

デリケートゾーンはいろいろな原因で、いつでもかゆみは起こるものだと考えていいようです。

この記事では、かゆみが起きた場合の対処法をお話しします。

 

スポンサーリンク

痒くなる原因。

デリケートゾーンはいろいろな原因でかゆくなってしまいます。

蒸れ・生理用ナプキン・経血・おりもの・汗・下着のこすれ・ホルモンバランス・ストレス・体力の低下・膣カンジタなどはすべてかゆみの原因となっています。

これらの中でも一番かゆみを引き起こす原因は蒸れです。

また、デリケートゾーンはストッキングやショーツなどでおおわれているので、通気性がよくありません。夏などは余計に蒸れてしまう事になります。

汗をかかなくても皮膚と皮膚がこすりあってかゆくなることがあり、汗をかかなくてもかゆみが出やすいのです。

デリケートゾーンのかゆみに効く軟膏が市販で売られてますが、肌に優しくさらっとしているのが特徴です。

かゆみだけでなくかぶれにも効果的で、私も何かあるとずっとお世話になってきた軟膏です。

 

 

ベビーパウダーが効果的って本当?

軟膏以外では、皮膚の摩擦や蒸れを押さえる効果があるベビーパウダーが人気となっています。

ベビーパウダーは、別名「天花粉(てんかふん)」や「シッカロール」とも呼ばれており、主に赤ちゃんのおむつ交換の時などにお尻などにパタパタと軽く塗布する粉薬です。

ベビーパウダーの主成分はトウモロコシから取れるでんぷんの「コーンスターチ」です

調理にも含まれる成分のため、赤ちゃんにも安心して使えます。また「タルク」と呼ばれる水酸化マグネシウムを含む鉱石も含まれています。

赤ちゃんにも使っていますので、敏感な部分であるデリケートゾーンにも安心して使えます。

かゆみに効果がある軟膏と一緒に使うと、より効果的です。

最近ベビーパウダーにも香料がついているのが販売されているようですが、デリケートゾーンに使用するものは無添加・無香料のものを選びましょう。

お風呂上りの皮膚が清潔な状態でベビ―パウダーをつけると、サラサラになります。サラサラの状態が翌朝まで続きます。

蒸れを改善するために通気性のいい下着の素材を選ぶと、かゆみに悩まされる頻度が少なくなることでしょう。

かゆみの原因となる蒸れや汗を抑えるためにも、ベビーパウダーを上手に使いこなしていきましょう。

フェミルテ(Femilute) デリケートパウダー 6g

  • 生理時やおりものによる肌荒れや不快感を防ぐ無香料のデリケートパウダーです。
  • お肌をサラサラにし、ナプキンやライナーのはりつき感やムレによるベタつきを抑えます。
  • コンパクトサイズなのでポーチに入れやすく持ち運びにも便利です。
  • 約40回分(1回の使用量0.15gとした場合)。

 

まとめ

デリケートゾーンはいろいろな原因でかゆみが発生しやすい場所です。

かゆみが出たらデリケートゾーン専用の軟膏を塗って様子を見ましょう。

かゆみの一番の原因は”蒸れ”です。

蒸れを少なくするためにベビーパウダーを使ってサラサラさせるのもとってもいいと思います。子供のおむつかぶれに使っていたことを思い出します。

軟膏とパウダを一緒に使うとより効果的です。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。