アンダーヘアーのお手入れ  Iラインはどうすればいい?残す、それとも・・。

脱毛
この記事は約4分で読めます。

デリメートゾーンのお手入れについては、欧米の女性は以前からきれいに形を整えたり、脱毛するなどしてお手入れをするのが一般的です。

先進国の中でも日本だけがデリケートゾーンのお手入れをしていない人が多いようです。

アジア系の女性はベージュの肌に黒い色の陰毛が余計に目立って、違和感などを覚えたり、嫌悪感を覚えるといった海外の男性が多いようです。

しかし、今日では日本の女性もお手入れに気を使うようになってきました。

今日はアンダーヘアのお手入れについてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

ビキニラインのお手入れ

以前はアンダーヘアのお手入れは何もしていない方がほとんどでした。

ところが最近では

  • 身だしなみ
  • 衛生面

から、アンダーヘアのお手入れをする人が増えてきています。

身だしなみとしてのお手入れ

デリケートゾーンの毛のお手入れとして主流なのが、ビキニラインです。

Vラインのサイドとも呼ばれており、脚の付け根あたりに生えているアンダーヘアのことを指しています。

この部分は、ショーツをはいていてもはみ出してしまう可能性がある部分であり、身だしなみとして処理がかかせません。

数本程度であってもショーツからはみ出している状態を見られるのは、同じ女性の友達であっても恥ずかしいものです。

特別にアンダーヘアのお手入れに興味があるわけではないという女性にも、Vラインサイドは多く利用されている部位でもあります。

衛生面からのお手入れ

アンダーヘアのお手入れは、身だしなみとして利用されている他にも、衛生面から利用されることもあります。

Iラインの場合には、Tバックショーツを着用するとなれば身だしなみとしてお手入れが欠かせなくなってきますが、一般的なショーツであれば隠すことができる範囲です。

 

 

 

しかし、近年デリケートゾーンの脱毛が人気となっている理由として、アンダーヘアを処理してデリケートゾーンを清潔に保つことによって肌トラブルを防ぐことにも役立つという点があります。

女性にとっては毎月生理があるために、ムレやにおい、かゆみなどのトラブルが絶えないものです。

これらの肌トラブルの原因となっているのは、デリケートゾーンの複雑な構造で恥垢(ちこう)やアンダーヘアについた尿などです。

トイレットペーパーでキレイに拭き取ったつもりでも毛に絡んで残っていることもあり、それが原因となって細菌が発生し、臭いやかゆみの原因となっているもです。

アンダーヘアの処理をしておけば、細菌の温床ともなる場所をなくすことができるので、排泄物やおりもの、汗などが原因となる肌トラブルを防ぐことにも役立つのです。

肌トラブルが発生した時には、ドラッグストアでも手軽に手に入れることができるデリケートゾーン用の軟膏も手頃な価格で販売されています。

薬を塗ってもその場しのぎの処置にすぎません。

肌がデリケートな部位に使用することから頻繁に使用することは体にも良くないことであり、トラブルが発生してからではなく根本的な原因を突き止めて対処することが欠かせません。

アンダーヘアを脱毛処理してしまうということは、根本的な改善ともなります。

脱毛サロンや脱毛クリニックのVIO脱毛では、Vラインサイドだけ利用されたり、IラインとOラインはつるつるの仕上がりになるようにされることが多いものです。

しかし、好みに合わせて残してもらうこともできます。

最初は、Iライン脱毛を始めるかどうかを迷っている女性は多くいますが、見た目でもアンダーヘアがはみ出す心配がなく、デリケートゾーンを清潔に保つことで肌トラブルを根本から防ぐことができることからやってみてよかったという声も多くあります。

 

まとめ

デリメートゾーンは、見た目でも衛生面でもきれいに整えておいたほうがいいでしょう。

やはり、ショーツなどからアンダーヘアがはみ出ていると、とても恥ずかしいことだと思います。身だしなみとして、デリケートゾーンの脱毛も利用してみてはいかがでしょうか?

サロンの脱毛とクリニックの脱毛を比べるなら、ダリケートゾーンはクリニックの脱毛を選択するほうがいいでしょう。

出力が高い医療レーザー脱毛だと効果が高いため、脱毛効果が非常に高く短期間で終わるという点、そして医療に詳しい有資格者が照射してくれる点です。

なた、照射の痛みが我慢できないときは麻酔をしてくれますので、安心です。

アリシア クリニック

広尾プライム皮膚科

クレアクリニック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。