デリケートゾーン アンダーヘア―は 処理するべきですか?

脱毛
この記事は約5分で読めます。

ゴールデンウイークにリゾート地に出かける予定の方や、水着を着る予定の方はアンダーヘアの処理がとても気になります。

特に海外ではデリケートゾーンヤアンダーヘアの脱毛は当たり前のこととなっています。

このようにお国柄によってアンダーヘアやデリケートゾーンに対する考え方も違っています。今日はデリケートゾーンやアンダーヘアは処理すべきかについてお話しします。

 

スポンサーリンク

デリケートゾーンやアンダーヘアは処理すべき?

ほとんどの女性は男性の好みに合わせている方が多いようです。

しかし、アンダーヘアの処理をしたほうがいいかということを聞くような間柄じゃない場合が困ってしまいます。

大切なパートナーが出来た時など普段はデリケートゾーンやアンダーヘアの処理をしていなかった方などもきちんとお手入れをしようと考える方が多いようです。

やはり、彼やパートナーからお手入れをしていないと思われるのは嫌だし、あまりお手入れしすぎても遊んでいると思われるのも嫌だと考えている人は多いでしょう。

お手入れはした法がいいのですが、いったいどのへんまで処理すればいいのかがわからないという方がほとんどでしょう。

 

セルフケアやエステサロンなどを利用してアンダーヘア―処理を行う女性が増えてきてます。

肌への負担を考えてお手入れしましょう。

アンダーヘア―は他の部位に比べて皮膚が薄く、性器近くということもあり肌のコンディションを見てお手入れを行わないと肌荒れや色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

出来るだけ肌への負担の少ないお手入れ方法でお手入れしましょう。

セルフの脱毛

一般的にデリケートゾーンのムダ毛処理を行う場合、エステサロンなどで他人にケアをお願いするのは恥ずかしいと感じる方も多く、カミソリや電動シェーバーなどを利用して剃ってしまう場合が多いです。

ただこの時に注意しなくてはいけないのがカミソリや電動シェーバーでデリケートゾーンの皮膚を傷つけないためにも、鏡などを見て丁寧にお手入れを行うことです。

また、肌が乾いた状態で無理にカミソリを当ててしまうと、きちんと除毛することが出来なかったり肌を傷める原因となりますので滑りを良くするためにも、シェービングローションなどを利用することが大切です。

肌の弱い方はカミソリよりも肌に負担が少ない電動シェーバーを利用することがおすすめです。

短時間でお手入れが済ませることが可能な除毛ケアは、急いでお手入れを済ませたい時などにとても便利です。

しかし、数日経つとムダ毛がすぐに伸びてチクチクとした状態になってしまいます。

水着を着用する際にビキニラインからチクチクとした短い毛が見えてしまう可能性があります。

そのため毛先をチクチクさせない方法としてカミソリや電動シェーバーを利用するのではなく、長いムダ毛を短くカットする事ができるヒートカッターを利用すれば肌を傷める心配も無ありません。

ヒートカッターがカットした毛先を丸くしてくれるので、チクチクとした肌触りにならないので、敏感肌の方などはヒートカッターの使用をおすすめします。

デリケートゾーンのシェーバーはパナソニック フェリエがおすすめです。
デリケートゾーンのお手入れにシェーバーを探している人に人気のシェーバーを紹介。 パナソニックのフェリエにはボディ用とフェイス用があります。フェイス用のシェーバーとヒートカッターがあればセルフでケアできます。

アンダーヘアを処理するメリット

見た目が美しくなるだけではなく生理期間や気温が高い夏でも肌が蒸れるのを防いでくれるので、清潔に過ごすことが出来ます。

また、お手入れをすることで陰毛の長さがカットされるので、尿や生理の血液が付くことがなくなりますので、臭いに関する悩みは少なくなります。

また、陰毛が短くなることで、蒸れが少なくなります。

すると、臭いがこもることが少なくなるために、毎日清潔にしているのにデリケートゾーンの嫌な臭いに悩んでいる方はアンダーヘアを処理するお手入れをおすすめします。

エステサロンや脱毛クリニックなどでは、デリケートゾーンのお手入れをする場合、使い捨ての紙パンツを着用して、少しずつずらしながらお手入れを行います。

他人にアンダーヘアのお手入れを任せるのは恥ずかしいと感じている方も少しは安心してサロンやクリニックの脱毛を検討してみたいと考えるかもしれません。

何より肌への負担が少ないフラッシュ脱毛を利用しているので、セルフでカミソリやシェーバーを使って除毛を行うよりも圧倒的にきれいな状態を長期間維持することが出来ます。

また、デリケートゾーンが黒ずむ原因はセルフで処理することにあるといわれています。

黒ずみやにおいで悩んでいる方は、セルフの脱毛ではなく脱毛サロンや脱毛クリニックを是非とも利用してください。こんなことなら、早くサロンやクリニックで脱毛すればよかったと感じることでしょう。

デリケートゾーンをケアするときのチクチクしないカミソリの選び方
カミソリは、上手く行えば短時間で綺麗にできる方法ですが、正しい処理の仕方を心がけないと皮膚に傷をつけてしまう恐れもあります。処理を慎重に行うことと剃刀の選び方がもっとも重要になります。今日は、剃刀をデリケートゾーンに使うおt機の注意点とチクチクしない剃刀の選び方をお話しします。

 

まとめ

デリケートゾーン アンダーヘア―は 処理するべきですか?

と聞かれたら、もちろんするべきだと答えます。

というのも、男性の好みに合わせるのではなく、女性主体で考えてほしいと思います。

普段でも、デリケートゾーンやアンダーヘアのお手入れをしていないとショーツからはみ出したりすることはよくあることと思います。

また、最初にお話ししたように、欧米などではデリケートゾーンやアンダーヘアのお手入れするのが当たり前で、日本人だけが伸び放題にしているということです。

海外の男性とお付き合いしている女性も増えて来ました。やはり、いつどんなときでも身だしなみは整えておきたいと思いませんか?

ツルツルにまではお手入れをしなくてもいいかもしれませんが、アンダーヘアの形を整えることやデリケートゾーンについては、毛を短く、毛の先を丸くカットするようなお手入れはしておきたいと思います。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。