デリケートゾーンの黒ずみは美容皮膚科に行ったほうがいいのですか?

メイク
この記事は約5分で読めます。

デリケートゾーンの脱毛をしたら、こんなに黒ずんでいたのかとびっくりするくらいです。

というのも、脱毛するまでは、隠れて見えなかったからです。

綺麗な肌に戻したいと悩んでいるのですが、美容皮膚科に行くのがいいのか美白クリームでお手入れするのがいいのか悩んでいます。というような女性が増えているそうです。

今日は、デリケートゾーンの黒ずみをきれいにする方法で一番確実に美しくなる美容皮膚科についてお話します。

スポンサーリンク

デリケートゾーンが黒ずむ原因

私たちは顔のシミやくすみも悩んでいますが、デリケートゾーンの黒ずみもメラニン色素の蓄積が原因です。

メラニン色素と聞くと紫外線を思い浮かべますが、デリケートゾーンは全く日焼けしないので、いったいどうしてメラニン色素の蓄積があるのでしょうか?

メラニン色素は紫外線に当たった時に、肌を予防するために梅らますが、メラニン色素は肌への刺激があった時にも発生するのです。

つまり、下着のこすれや自己処理での脱毛などの時でもメラニン色素が発生し肌を守ろうとしているのです。

このメラニン色素がデリケートゾーンで色素沈着する前にターンオーバーで皮膚表面から剥がれ落ちると、くろずみにはなりません。

その為にはターンオーバーを正常化させないといけません。

  • ストレスをためない。
  • 睡眠不足
  • 栄養が足りない
  • 間違ったお手入れ
  • 血行不良

 

以上の点を改善するとターンオーバーは正常化しますが、とにかくセルフケアは時間がかかるのが欠点です。

毎日継続していくことでしか結果はあらわれませんので、あきらめずに続けることが大事です。しかし、セルフケアだどかかる時間も効果も人によってちがってきますので、短期間で改善しようと思うならば、美容皮膚科の治療がおすすめです。

美容皮膚科でのデリケートゾーンの美白

美白クリームや石鹸で色を薄くする方法もありますが、セルフケアで効果があらわれるのは時間がかかるので、即効性を求めるなら美容皮膚科に行った方がより効果的です。

美容皮膚科でのレーザー治療

レーザー治療は、レーザー光線を皮膚に照射し、メラニン色素を破壊していく治療法です。

レーザー光線を気になる部分に照射すると、皮膚の奥にある真皮内まで到達して、メラニン色素を破壊できます。

破壊されたメラニンは、肌のターンオーバーの働きとともに、表面に出て、自然に剥がれ落ちていきます。これを繰り返すことで黒ずみを解消していくことができます。

この治療は一般的な病院ではなく、美容皮膚科のような美容クリニックでしか受けられないので、注意するようにしましょう。

ただしデリケートゾーンの黒ずみは病気ではないので、保険は適応されません。

1回のレーザー照射だけで、長年蓄積された色素沈着をすべて破壊することは出来ないので、治療のために複数回は通わなければなりません。

レーザー治療を何度か受ければ、徐々に薄くなっていくので、まずはカウンセリングを受けるようにしてください。

 

 

レーザーはメラニン色素だけにダメージを与えて、周囲の皮膚には影響を与えないので、安全性の高い治療です。施術中の痛みはほぼないので安心して受けるようにしましょう。

レーザーの種類

レーザーには種類があるので、クリニックの多くは部位や状態に応じて使い分けています。デリケートゾーンを元の肌の色にもどしたいときは、レーザートーニングまたは、Vホワイトニングインティマレーザーを使用します。

レーザートーニング

VラインやIラインの表面の黒ずみをケアしたいときは、レーザートーニング治療を行います。

下着による摩擦や、自己処理による除毛や脱毛による色素沈着が少しずつ薄くなり、目立たなくなります。

麻酔を使わないので、輪ゴムで弾いたような痛みを感じることがありますが、皮膚を冷却しながら照射すれば、ほとんど何も感じることはありません。1回あたりの施術は10000円前後が相場なので、事前に料金を確認しておくと良いでしょう。

1~2週間に1回通院し、治療を受けることになりますが、1回では終わらないので、5~10回は通う必要があります。

Vホワイトニングインティマレーザー

インティマレーザー治療は、デリケートゾーンの内側から治療していきます。Iラインの表面や、内側の割れ目付近のデリケートゾーン部位が黒ずんでいるときは、Vホワイトニングインティマレーザーでケアします。

年齢が高くなると、角質が厚くなるため、Iラインの内側まで色素沈着が起こり、黒くなってしまうことがあります。

蓄積されて厚くなった角質や、色素沈着した頑固な黒ずみ部分を内側から削り取っていきます。

Vホワイトニングインティマレーザーは厚くなった角質を削り取るので、麻酔クリームを使って痛みを抑えます。

黒ずみそのものを削り取っていく治療なので、1回で効果を実感できる人がほとんどです。

また、インティマレーザーは子宮口近くまでレーザーを照射することができますので、尿漏れや産後の膣の引き締めの治療にも使用されています。

1回の治療費の相場はおよそ10万円になりますが、わずか1回でも効果があるので、スピーディーに綺麗な肌になれます。

 

まとめ

セルフケアでお手入れしていてもなかなか色素沈着したメラニン色素はうすくすることができません。

思い切って美容皮膚科のレーザー治療を受けててみませんか?

気になっていたデリケートゾーンの黒ずみ解消できます。

 

美容皮膚科リゼクリニック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。