皮膚科のしみ、ビタミン剤のあまりの凄さに戸惑いを隠せない。

皮膚科のビタミン剤 美白化粧品
この記事は約6分で読めます。

皮膚科のしみ、ビタミン剤のあまりの凄さに戸惑いを隠せない。

年齢を重ねると、いつの間にかシミやくすみが気になるようになります。

美白のスキンケアやサプリメントなどを使っても、なかなか効果が感じられないと思っている人もいませんか?

皮膚科や美容皮膚科で処方してもらう薬はとっても効果が高く、たくさんの方が利用されていることでしょう。

 

からだの調子の悪い時などは医師に相談の上使用するかどうかを決めましょう。

 

皮膚科でシミやくすみを薄くするために処方される薬には、いろいろな種類があります。

 

今日は、皮膚科で処方してくれるシミのお薬やビタミン剤の種類や効果などを調べてみました。

スポンサーリンク

皮膚科で処方されるシミ用の塗り薬・ビタミン剤

外から使う塗り薬

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ルミキシル
  • ビタミンC美容液

ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミやくすみの原因とされるメラノサイトの数を減らしていきます。そのために肌のシミやくすみの部分に塗るとだんだんと薄くなっていきます。

皮膚科など医療機関で処方してくれるハイドロキノンは濃度が高く、効果も高くなっています。

しかし、効果が高い半面皮膚への刺激が強く、赤くなったり水泡ができたりします。ハイドロキノンの特徴のひとつですが、心配な場合は医師の判断を仰ぐようにしましょう。

ハイドロキノンって一体なに?
女性なら気になるシミやくすみですが、それを薄くしていくのがハイドロキノンです。ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われます。わかりやすく言うと「お肌の漂白剤」という風に考えていただければいいです。ではなぜこのハイドロキノンが漂白剤と言われるかと

 

トレチノイン(トレチノイン酸)

肌の潤いや弾力を取り戻すだけではなく、表皮の基底層に沈着したシミ(メラニン色素)を肌の表面までどんどん浮き上がらせ、ついにははがしてしまいます。

トレチノインは古い角質を剥がし、コラーゲンを刺激することで肌のターンオーバーを正常なサイクルへと促します。

 

古い角質を剥がし再生を促す特徴のために、人によっては皮膚のめくれ方や赤みがひどくなる場合があります。

気になる場合は、すぐに医療機関を受診してください。

 

トレチノインクリーム 副作用はどんなことがありますか?
トレチノインクリームの副作用について。私はトレチノインクリームとハイドロキノンクリームの使い方が間違っていたために、シミが薄く成るどころが濃くなってしまいました。夜のみの使用にする。日中に使う場合は日焼け止めを必ず使うことが大切です。

 

ルミキシル

ルミキシルはお肌全体の美白効果はもちろん老人性のシミや肝斑、そばかす、色素沈着など様々な種類のシミに効果があります。

ハイドロキノンのように「白抜け」が起きなといわれています。

ルミキシルはスタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです。

このLumixylペプチドは天然のアミノ酸からなるタンパク質なので、肌に安心してつかうことができます。

またハイドロキノンの17倍のメラニン抑制作用があるため、低濃度でも効果を得ることができるため肌への刺激が少なくて済みます。

【日本正規代理店・エンブレム付き正規品】ルミキシル クリーム 30ml

 

[ルミキシル]ブライトニングパッド

不純物除去と同時に美白ケアが叶う、拭き取りタイプのスキンケアアイテムです。

柔らかなパッドが、古い角質や余分な油分の除去をサポート。

同時に、スタンフォード大学の研究者が開発した透明肌を後押しするペプチド「ルミキシル」が、シミやくすみの原因に働きかけます。

拭き取り後の乾燥やつっぱり防止に役立つ潤い成分も含有。

[ルミキシル]ブライトニングパッド

ビタミンC美容液(センシルLA-25)

国際特許技術ATDSにより、水にも油(脂)にもなじみ、 92%という非常に高い肌への浸透率を実現しました。

 高濃度25%のピュアビタミンC(純濃度L-アスコルビン酸25%)を配合した医療機関専売のブライトニング美容液です。水を使用していませんので、アルコールや防腐剤などの保存料が一切含まれておりません。
これらの技術によりお肌への低刺激性と1年半という長期保存が可能です。

ルミキシルと併用して使用するととても効果的です。

 

センシル美容液 C’ensil A+E (本体+VC-25 1.5ml×2本セット)

内から使う飲み薬のビタミン剤

  • ビタミンC (シナール)
  • ビタミンE
  • トラネキサム酸
  • L-システイン

ビタミンC (シナール)

ビタミンCは、美容にはとっても有効な成分です。しみや、くすみ、コラーゲンの生成に効果的です。

 

しかし、とればとるだけ効果的かというと、必要量以外のビタミンCは、体外に排出されます。

ですから、基本は食事からとるようにしましょう。

食事から摂ることが難しくなった場合に薬などに頼るといいでしょう。

 

塩野義製薬シナールL ホワイト2 200錠

 

 

シナール剤については、詳しくは下記を参考にしてください。

シナール配合剤 色素沈着を改善するって本当?
お肌から美白効果のある美容成分を与えても、いつ効果は出てくるの?と待ちきれないようになってしまいます。シナール配合剤というのをご存知ですか?ビタミンCが主に配合されているビタミン剤ですが、肌の調子を整える作用や美白効果が高いとして芸能人も愛

 

ビタミンE

抗酸化作用が強い事が特徴です。また、血管の健康を保ち、血流をよくしてくれます。肌荒れの改善やコレステロール値を下げる効果があります。

ビタミンCと一緒に摂るほうがより高い効果が期待できます。

沢山摂りすぎると、ニキビが増えやすくなることがあります。

 

DHC  ビタミンE 60日分 60粒

 

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、皮膚の色素沈着を抑制します。

色素沈着のもとであるメラノサイトの働きを抑えますので、メラニンが作られにくく成ります。

肝斑の悪化を防ぐ効果も期待されています。

半面血液を固める作用があるので血栓ができやすくなります。

ピルの種類によっては併用することができません。

【第1類医薬品】トランシーノII(60錠)【トランシーノ】

 

L-システイン(ハイチオール)

体の内側から代謝を促すはたらきをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。

皮膚、髪の毛、爪などに多く存在しており、シミ・そばかす、肌荒れなどのトラブルの無いきれいな肌を保つ上で欠かすことができません。

不足しやすい成分ですので、医薬品を試してみるのもいい方法です。

摂りすぎると白髪が増えるともいわれていますので注意が必要ですね。

 

 

【第3類医薬品】ハイチオールC ホワイティア(120錠)

 

 

美白に効果のある内服薬については、下記を参考にしてください。

美白に効果がある内服薬で、市販されているものを教えてください。
年齢を重ねるとシミやくすみは本当に悩みの種です。美白用のスキンケアを使っている方も多いと思います。効果を感じなかったら美白効果のある内服薬を飲んでみませんか?併用することでより効果が実感できます。

 

 

このようにシミやくすみを薄くするには、医療機関で処方される薬はとっても効果的です。しかし、効果が高いことはデメリットもあるということをきちんと認識して使用してください。

皮膚科で処方される薬について、使っていて不安や心配などがある場合は、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

 

まとめ

薬は飲んでいる間は効果が発揮されるのですが、効果を維持するために止められなくなるということも考えられます。

肌は人によって違いますので、自分の肌に合う美白成分を見つけて使用するのがいいでしょう。

市販されている「医薬品」はおすすめです。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。